外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイント

塗装の豆知識

塗装の豆知識

外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイント

外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイント

外壁塗装の塗り替えは一度行えば次回の塗り替えまで10年以上期間が空くため、普段の生活において馴染みが薄いものです。
そのため、外壁塗装業者から見積もりをもらっても、今ひとつどこを見たら良いのか、何を見たら良いのかわからないという場合が多いです。
しかし、失敗しない外壁塗装を行うためには、しっかりと見積もりをチェックすることが大切です。

ここでは、外壁塗装の見積もりの内訳においてチェックすべきポイントを一緒に見ていきましょう。

見積もり内訳をチェックする前に

まず、見積もりの内訳をチェックする前にやっていただきたい大切なことがあります。
それは、「見積もりは必ず同じ内容で複数の業者からもらう」という点です。

これを「相見積もり」と言いますが、外壁塗装においてはこの「相見積もり」が大前提です。

ネットやチラシなどを見て最初に問い合わせた塗装業者にすぐに決めてしまう、というのはよくあるケースです。
しかし、ここ大阪においても悪徳塗装業者は数多く存在します。
問い合わせた業者がたまたま優良な業者であれば良いのですが、万が一悪徳業者に捕まってしまえばぼったくりや手抜き工事の被害に遭う可能性が高くなります。
そのため、複数の業者から「相見積もり」をとり、じっくり時間をかけて比較検討するのが外壁塗装で失敗しないための大前提です。

「相見積もり」をとり、複数の業者を比較検討し、下記のチェックポイントも併せて確認していただければ、悪徳業者に騙されるリスクを大きく軽減することができるでしょう。

外壁塗装においては、最初に問い合わせた業者にすぐに決めてしまい、塗り替えを依頼するのはやめましょう。
最低でも3社、できれば5社程度から「相見積もり」をとり、じっくり比較検討し、その中で最も自分に合った塗装業者を選ぶようにしましょう。

塗り替えの面積は正しいか?

まず最初に塗装の面積をチェックしましょう。 塗り替えの工事金額は、ざっくりと言えば「塗り替え面積 × 塗り替え単価(人件費・塗料代) = 工事代金」となります。
そのため、当然ながら塗り替えの面積が大きくなればなるほど工事代金は高額になります。

複数業者からもらった見積もりを比較して、塗り替え面積に大きな開きがないかチェックしてください。
もしその中に他業者より明らかに大きな塗り替え面積を記載しているような業者がいれば注意が必要です。
皆さんがわからないと思い、本来の塗り替え面積より大きな面積で見積もりを提出し、ぼったくりを行おうとしている可能性があります。

面積に関しては、単位が坪であったりとあまり馴染みが無い表記がされている場合もあるので、もしかすると迷われるかもしれません。
しかし、面積をしっかりと把握しておかないと工事代金で大きく損をする恐れもあるので、しっかりチェックしましょう。

塗装箇所に漏れは無いか?

続いて、塗り替えを行う箇所に漏れが無いかチェックしましょう。
特に、雨樋・軒天・破風といった付帯部と呼ばれる箇所がしっかり塗装箇所に含まれているかどうかを確認してください。

悪徳業者はこの付帯部をわざと見積もりに入れない可能性があります
工事が全て終わった後に、施主が付帯部が塗装されていないことに気づき「あれ?ここの塗装は?」と尋ねても、「ここは見積もりに含まれていないので別途料金になります」と追加工事を要求してくるのです。

この場合、最初の見積もりを他業者よりわざと安く提出し、安さをチラつかせて契約だけ先に結ばせるのです。
しかし、後からの追加料金を含めると、結局他業者より高くなるケースがほとんどです。

複数業者からもらった見積もりを比較し、塗装箇所に漏れが無いかをチェックしましょう。
また、ご自身でも見積もりを見ながら実際にお住まいを確認し、どこを塗装するのか隅々までその目で確認しましょう。

料の名称・数量・価格は?

次に塗料の名称・数量・価格をチェックしましょう。
塗料はそのグレードによって価格が大きく変動しますが、グレードの良い塗料であっても価格は5,000円/㎡あたりが上限です。
しかし中には、10,000円/㎡というあり得ない高額な塗料代を見積もりに記載するような悪質な業者もいます。
また、塗料の名称が記載されていれば、ご自身で調べることもできるので、本当に見積もりに記載されている塗料の価格が適正なのかチェックすることも可能です。

その中で、もし詳細な塗料の名称・価格の記載が無く、「外壁塗装一式」と記載されている見積もりがあれば注意してください。
「外壁塗装一式」とまとめてしまっては、何という塗料を単価いくらでどれだけ使用するのかが全くわかりません
もし安い塗料を使われてしまい、仕上がりに満足がいかなかったとしても後の祭です。
また、支払った代金に見合わない安い塗料を使われていたとしても気づくこともできないのです。

外壁塗装は10数年に一度の高額な工事です。
大切なお住まいにどんな塗料が使われるのか、ご自身でもしっかり把握しましょう。

作業項目に「ケレン」の工程があるか?

作業項目の中に「ケレン」という工程が入っているかチェックしましょう。
「ケレン」とは、塗装前の下地処理としてヤスリや機械によって塗装面を削り、サビや汚れを落とし塗料が付着しやすくさせる作業です。

この工程を行わなくても塗装自体は可能ですし、塗装後すぐには違いはわかりません。
しかし、「ケレン」によってサビを徹底的に除去していないと、塗装後3年程度で外壁表面にサビが浮いてきてしまうのです。

外壁塗装の塗り替えは、ローラーや刷毛で塗料を塗るだけでなく、下地処理も非常に重要な作業なのです。
「ケレン」はわかりにく地味な作業ではありますが、塗料が本来の性能をフルに発揮するためには大切な工程です。
作業工程に「ケレン」が含まれているか、しっかりチェックしましょう。

塗装の作業工程は「3度塗り」か?

塗装の作業工程が「下塗り・中塗り・上塗り」の三回、もしくはまとめて「3度塗り」という記載になっているかチェックしましょう。
場合によっては例外もありますが、一般的に外壁塗装は「下塗り・中塗り・上塗り」の三回に分けて塗り重ねていきます。
しかし、悪徳業者はこの三回の工程の内「中塗り」と省いて人件費・塗料代を浮かせようとするのです。

塗料は3度塗りを行うことで本来の性能が発揮されるように作られているので、「中塗り」を省いた2度塗りでは塗料の性能に不具合が発生します。
2度塗りの場合、耐用年数を迎えるよりはるかに早く塗装が剥がれたり、本来の耐久性・防水性が損なわれる恐れがあります。

まずは見積もりの項目が「3度塗り」になっているかチェックしましょう。
もし「3度塗り」になっていない場合は、なぜなのか業者に確認してください。

その上で、できれば施工中の業者に直接、「これは何度目の塗装ですか?」と尋ねてみましょう
さらに、使用している塗料が本当に減っているのかどうかも併せてチェックできれば尚ベターです。
そのためにも上記の「塗料の名称・数量・価格」もしっかり把握しておきましょう。

業者間での工事代金合計の差は?

以上の様々な項目をチェックした上で、最後に見積もり毎の工事代金を見比べてみましょう。

もちろん同じ内容の塗り替え工事でも、業者によって単価が違ったり見積もりの算出方法が違うので工事代金に差は生まれます。
しかし、同じ施工内容であればそこまで大きな差は生まれず、平均価格からおおよそ+-10万円程度の差です。
優良な塗装業者から相見積もりをとっていれば、ある程度工事代金は集中します。

その平均価格から明らかに高すぎる or 安すぎる場合には注意が必要です。
高すぎる場合はぼったくり業者の恐れがありますが、安すぎる場合も手抜き工事の疑いがあります。

外壁塗装は適正な工事を行おうと思えば、ある程度の出費は必要となるものです。
たしかに高額な工事代金の中で安い工事代金は魅力的に見えるかもしれません。
しかし、例えば他の業者が80万円の見積もりを出しているのに一社だけ50万円だった場合、その差額の30万円はどうやって埋めるのでしょう?
方法としては、上述のような「ケレン」や「3度塗り」の工程を省き、人件費や塗料代を浮かせるしかないのです。

外壁塗装の塗り替えは、大切なお住まいを長く快適に保つために必要な工事です。
安さにばかり気を取られ、手抜き工事をされてしまっては元も子もありません
工事代金だけでなく施工の内容にもしっかりと目を通し、工事代金通りの適正で品質の良い塗り替えを行なってくれる塗装業者を選ぶようにしましょう。

お問い合わせ

大阪市平野区での外壁塗装、屋根塗装は池本塗装へお任せください。
塗装の技術力では絶対に誰にも負けないと自負しております。

メールでのお問い合わせは24時間365日承り中、もちろんお見積もり・ご相談は無料です。
外壁塗装・屋根塗装をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

外壁塗装・屋根塗装の無料見積もり・ご相談はこちらから

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中
お電話でのご相談、お見積もりはこちら 0800-888-3802