大阪市にて外壁塗装 ~外壁の下塗り・中塗り・上塗り~

大阪市にて外壁塗装 ~外壁の下塗り・中塗り・上塗り~

こんにちは。

池本塗装、広報担当です。

先日より大阪市にて行ってる外壁塗装工事の様子です。

外壁の塗装(下塗り・中塗り・上塗り)まで施工が進んでいます。

 

外壁を塗装する際は、高圧洗浄にて既存の汚れを落とし、なるべく平坦で塗膜に異物が入らないように綺麗にしてから行います。

まずは下塗りです。

 

下塗りは被塗物と仕上げ塗料の両面テープのような役目を果たします。

また今回仕上げの色も白色のためわかりにくいですが、

下塗りの色にて一度既存の色を潰して真っ白にする、その白色の上から仕上げの色にて塗装をすると塗料本来の色が活きた綺麗な仕上がりとなります♪

 

続いて中塗りです。

中塗りは下塗りにて形成した下地の上に塗膜を重ねる役目を果たします。

悪徳手抜き業者さんがよく行うのが、この「中塗り飛ばし」です。

完工時には中塗りをしっかり行ったかはわかりづらいですが、数年後には中塗りをしてないと塗膜が剥がれてきます。

 

そして仕上げの上塗りです。

これにて更なる塗膜の強化、そして塗膜のムラを均一に整える役目を果たします。

外壁塗装工事のすべての工程において各々とても大切な意味があります。

池本塗装では確実丁寧に一つひとつの工程をしっかりさせて頂きます。